『 ホントの本 』 の お部屋 46 『 世の中の歪 』を “ チャンス ” に変える方法を探す。  ( 2008年10月13日 新設 )
  ( 投資は、自己責任で ! ) ▼ ここでは、 為替の歪 を “ チャンス ” に変えたい。   ( 2024年01月25日 更新 )
 Google検索 [最上位]
HOME
大家 公式サイト
このページ

ホントの本 』 の お部屋 46
為替の歪 』 を チャンス
[ 大家公式サイト ] 都城市-仲介無料-大家直接募集のお部屋.net/index_146.html
閲覧者数: 

世の中の歪 』 を、 “ チャンス ” に変える

 
 □  この ぺージ 『 世の中の歪 』 の 【 ポイント
( 2008年10月13日 新設 )
 ▼ 『 世の中の歪 』( ここでは 為替の歪 ) を“ チャンス ” に変える方法を考える。 ( 投資は,あくまでも,自己責任で ! )
 

『 ホントの本 』 の お部屋 46

世の中の歪 』 を、 “ チャンス ” に変える方法を、探す

《  経済の “ ヒズミ ” 資産運用 に 活かす  》

   ▼ 為替の歪を、チャンスに変える !
     2008年頃から、当サイト管理人は、『 この10年以上の日本の不況の最大の原因は、円高 にある! 』と思っていた。
     ( ただ思っていただけではない。外貨預金にして、この為替の歪が是正されることに賭けていた。
      しかも、この為替の歪が、是正されることは、日本の国益に合致している。以下は、この立場での感想である。 )
    『 現在の、日本経済の最大の問題点は、円高 にある! 』 ( 2008年 現在 )
    日本の企業が非正規雇用などで、人件費を抑えているのは、
    円高のために、日本人の人件費が、諸外国と比べて超割高となっているためである。
    円高のために、日本人の人件費が、諸外国と比べて超割高となり、
    日本の企業は、国内での仕事を次々と割安な海外に移さざるをえなくなっている。
    現在の日本国内に仕事量が減少している諸悪の根源は、日本の一企業に責任があるのではなく、円高 にある。
    『 円安にしなければ、日本経済は、回復しない。 』
    アメリカも、中国も、韓国も、自国通貨 政策で、景気が回復しているのに、
    なぜ、日本だけが自国通貨 政策をとるのだろうか?
   ( 当サイト管理人の考えでは )『 円高になるのは、日本の通貨政策に、最大の問題があるのだ! 』
    だから、円高を是正するには、小手先の為替介入など、ほとんど効果などない。
   そもそも、なぜ、多くのエコノミストが、円高であることを問題視しないのか、以前から、不思議な思いを抱いていた。
   多くのエコノミストは、決まり文句のように、次のように言う。
   『 円が買われるのは、円のほうが、サブプライム問題のドルや通貨危機のユーロより、まだ、ましだから。 』
   しかし、円高になるのは、そんな理由などでは、けっしてない。
   ( あえて、くりかえすが )『 円高になるのは、日本の通貨政策に、最大の問題があるのだ! 』
   ドルが70円台になっても、政策担当者や日銀でさえ、むしろ、まだ円高の方がいいとさえ思っているようだ。
   円高を歓迎するような本が、いくつも出版されている。
   “ ミスター円 ” 榊原 英資は、『 強い円は日本の国益 』( 東洋経済新報社 2008年 2013年 )などという本まで出している。
   1ドル=50円となることを予想するエコノミストまでいる。
   このまま、円高が続けば日本は相当マズイ事になる。しかも、一部の人が、何を言っても変わらない。
   しかし、国が破綻するまで、このまま、円高で有り続けることは不可能だろう。
   ( 円高を是正しなければ、国が財政破綻することになる。仮に、日本の財政が破綻すれば、急激な円安になることだろう。 )
   いずれにしても、きっと、どこかで『 円高が是正される 』はず。
   くりかえすが、円安にして、デフレを解消しなければ、日本経済は、回復しない。
   円高の原因が、日本の通貨政策に最大の問題があるのだから、円安にするのは、難しいことだとは思えない。
   『 真に、円高を是正するには、アメリカの通貨供給量と同じように、円の通貨供給量が増やせばいい 』だけなのだから。
    いずれ、きっと、どこかで『 円高が是正される 』はず。
     この為替の歪を、チャンスに変える方法はないか?
    円高が是正されるとき、円キャリートレード で、“ スワップ金利 ” を得られ、さらに、 “ 為替差益 ” も得られる。
     ( 以上のように、この為替の歪が、是正されることは、日本の国益に合致している。
      不利益を得てきた日本人は、この為替の歪を正す投資を、充分に活用すべきだと思う。
      しかし、「 投資は、あくまでも、自己責任で ! 」  )
                                                                       ( 2008年10月13日 新規 )
                                                                       ( 2013年10月22日 更新 )
                                                                       ( 2014年11月30日 更新 )
                                                                       ( 2015年06月07日 追記 )              

 『 資産運用サイト ( 【 自動的に 稼ぐ 仕組み 】 で、収益を得る! )   
 ⇒ 2008年頃から、 で、【 日本経済 の 危機 】 に備える。
 ⇒ 2008年頃から、 で、【 円高の歪の問題 】 に着目。
 ⇒ 2008年頃から、 で、【 円キャリートレード 】 に着目。
 ⇒ 2010年頃から、 で、 『 為替の歪を、チャンスに変える ! 』 ことを考える。
 『 ホントの本のお部屋 ( おすすめの “ 本当に役立つ本 の紹介 ) 

 
 

本当は、正しい 「 円安論 」 の本





1ドル200円で日本経済の夜は明ける
    藤巻 健史 著  講談社 刊  ( 2002/01/25 )


「円安でインフレ」こそが景気回復と構造改革を両立させる最良の選択


 『 本書は、元外資系投資銀行の支店長であり、連勝のトレーダーとして金融界で世界的に知られている著者が、危機的な日本を救うために「日本経済楽観論」を大前提に書いた日本に対する提言書である。
自ら金融マーケットで為替、金利、株等の動きを予想し勝負する「リスク・テイカー」の景気予想は、エコノミストのそれと比較すると真剣さが格段に違う。
本書では21年間そのリスク・テイカーとしてマーケットで実績を残した著者の立場から、日本に対しての真剣勝負の提言と、提言実行のための方策が展開されている。
その著者が提言する政策とは「子供達のためには構造改革、私達のためにはインフレ政策」というものである。
これは、構造改革は必要であるが、その実行は痛みを伴うハードランディングになるため、中期的にインフレ政策で持ちこたえようというものである。
インフレ政策により、企業業績の悪化、リストラ問題、個人消費低迷、不良債権問題、財政赤字問題、年金問題といった「日本のピンチ」すべてを解決することが可能になるという。
そして著者は、インフレを起こすためには、円安という為替政策を発動して、インフレを誘導することが望ましいと述べている。
円安政策についてはさまざまな点で「思い込みと誤解に満ちた円安反対論」が存在するが、日銀と財務省の協調介入により、円安誘導をすることができるのだという。
また、本書の後半では、著者の見解を踏まえて「個人投資家は何をどうすればいいのか」と題して、個人投資家や企業経営者が今後注意すべき点を指摘している。
本来、市場経済とは政府やエコノミストが作るものではなくマーケットが作りだすものである。
マーケットに携わってきた著者の提言、方策は日本経済の真の市場経済化を示唆したものであり、広く、学生、ビジネスパーソン、個人投資家、企業経営者にすすめたい。(木村昭二) 』

( 以上、『 Amazon 』からの引用 )  

  この本は、おすすめ !!!


  評価 ☆☆☆☆☆ ( 『 Amazon 』の評価とは違う、当サイト管理人 独自の評価。 )
  感想                                  ( 読んだ日 2002/12/25 )
 この本は、『 Amazon 』の多くの書評で、不評であった。
 しかし、この本は、多くの人が見逃している貴重な本であると、今でも、当サイト管理人は思う。
 確かに、この本が出版された2002年以降、円高がつずいて、著者の言うようには円安にはならなかった。  予測としては、ハズレたと言える。
 しかし、この本の出版時の2002年前後、以降、日本経済にとって、円安がいかに重要だったかということが、この本でよくわかる。
 さらに、なぜ、円安にならなかったのかという疑問を考えると、非常に、参考になる本だといえる。
  当サイト管理人は、2008年頃から、
 『 この10年以上の日本の不況の最大の原因は、円高 にある! 』
 と思っていた。
 ( ただ思っていただけではない。外貨預金にして、この為替の歪が是正されることに賭けていた。  しかも、この為替の歪が、是正されることは、日本の国益に合致している。
 以上は、この立場での感想である。 )






日本経済ほんとうの見方、考え方
円の実力は1ドル=110円
    永濱利廣 著  PHP研究所 刊  ( 2011/08/29 )


日本経済をここまで落とした政府・日銀の失敗とは?


 『 世界GDPに占めるシェア:17.9%⇒8.7%、
1人当たりGDP:世界第6位⇒第23位、
貿易黒字国⇒赤字国……。
日本経済の地盤沈下が止まらない!
米国も、中国も、いまや日本の失敗を「反面教師」として経済運営を進めている。
「超一流」を自任した日本経済をここまで落とした「政府・日銀の失敗」とは? 
そして、いままた繰り返されようとしている「勘違い」とは?
本書は、新聞・テレビでお馴染みの若手エコノミストが、国際競争に敗れつつある日本に「喝(かつ)」を入れる建白書。
経済の実態を映し出す統計数値を駆使して、世間にはびこる誤解、珍説を一掃。
「なるほど、そうだったのか」と納得する日本経済のほんとうの見方、考え方が明らかに。
円の実力は1ドル=110円/
世界経済は2倍になった/
先進国でデフレは唯一、日本だけ/
円の供給が足りない/
増税しても税収が減る/
景気は五輪・ワールドカップ待ち/
等々、 驚きの視点30篇。 』

( 以上、『 Amazon 』からの引用 )  

  この本は、おすすめ !!!


  評価 ☆☆☆☆☆ ( 『 Amazon 』の評価とは違う、当サイト管理人 独自の評価。 )
  感想                                  ( 読んだ日 2011/08/00 )
 この本の出版の時期 2011年08月は、最近の為替の動向( 2012年末からの円安 )以前であることに注目。
 「 自国通貨をいかに適正水準( 1ドル=110円前後 )に持っていくかが景気向上の決め手 」。
 要するに、( 当サイト管理人の考えでも )『 円安にしなければ、日本経済は、回復しない 』 のだ。
  当サイト管理人は、2008年頃から、
 『 この10年以上の日本の不況の最大の原因は、円高 にある! 』
 と思っていた。
 ( ただ思っていただけではない。外貨預金にして、この為替の歪が是正されることに賭けていた。  しかも、この為替の歪が、是正されることは、日本の国益に合致している。
 以上は、この立場での感想である。 )





1ドル250円の時代がやって来る
    岡田 和彦 著  東京図書出版 刊  ( 2013/12/16 )


1ドル250円の円安によって日本経済は驚異的な発展を遂げられる


 『 円高は日本経済史上最悪の負の遺産、バブル崩壊に始まる失われた20年は円高が主因。
1ドル250円の円安によって日本経済は驚異的な発展を遂げられる。
岡田 和彦
1958年岐阜県吉城郡古川町(現在の岐阜県飛騨市古川町)に生まれる。
シアトル大学経営学部アルバース・スクールオブビジネス卒業。
中部電力、新潟原動機、日揮、川崎重工業等の勤務を経て現在(株)JPSサービス代表、東京ガスエンジニアリング(株)社員。
主として電力業界、発電装置製造会社、海外の石油化学プラント、海外向け発電設備の設計及び購買業務に従事。
現在は主に海外のプラントを対象にした貿易会社を経営 』

( 以上、『 Amazon 』からの引用 )  

  この本は、おすすめ !!!


  評価 ☆☆☆☆☆ ( 『 Amazon 』の評価とは違う、当サイト管理人 独自の評価。 )
  感想                                  ( 読んだ日 2014/12/02 )
  当サイト管理人は、2008年頃から、
 『 この10年以上の日本の不況の最大の原因は、円高 にある! 』
 と思っていた。
 ( ただ思っていただけではない。外貨預金にして、この為替の歪が是正されることに賭けていた。  しかも、この為替の歪が、是正されることは、日本の国益に合致している。
 以上は、この立場での感想である。 )
 いつかは、1ドル=250円。そうなって、ほしいい!



 
 

本当は、間違った 「 円高論 」 の本

【 強い円は日本の国益 】


あまりに、ひどいデタラメ本 !


強い円は日本の国益
    榊原 英資 著 東洋経済新報社 刊  ( 2008/09/04 )


円高政策に転換しなければ、日本は生き残れない


 天然資源はますます希少化し、工業製品との価値が逆転する。
円高政策に転換しなければ、日本は生き残れない。
榊原 英資 さかきばら・えいすけ
早稲田大学教授。
1941年生まれ。東京大学経済学部卒業。大蔵省入省後、ミシガン大学で経済学博士号取得。IMFエコノミスト、ハーバード大学客員准教授を経て大蔵省国際金融局長、財務官を歴任。2006年より現職。
『榊原英資 インド巨大市場を読みとく』(共著)、
『幼児化する日本社会――拝金主義と反知性主義』(東洋経済新報社)、
『為替がわかれば世界がわかる』『政権交代』(文藝春秋)、
『日本は没落する』(朝日新聞社)、
『パラダイム・シフト(大転換)――世界を読み解く』(藤原書店)、
『没落からの逆転――グローバル時代の差別化戦略』(中央公論新社)
など著書・論文多数。

( 以上、『 Amazon 』からの引用 )  


  当サイト管理人の評価  ☆☆☆☆☆                                 ( 読んだ日 2012/12/25 )
  当サイト管理人の感想                                          ( 再読の日 2014/02/24 )

    これが、 “ ミスター円 ” 榊原 英資の、デタラメ本。
     アメリカも、中国も、韓国も、自国通貨 政策で、景気が回復しているのに、
    なぜ、日本だけが、『 円高政策に転換しなければ、日本は生き残れない 』 のだろうか?
    “ ミスター円 ”などという称号は、まったくの詐欺ではないか。
     ( マスコミで有名だからと言って価値があるとは限らない、という典型的な見本。)



【 1ドル50円時代を生き抜く日本経済 】


あまりに、ひどいデタラメ本 !


1ドル50円時代を生き抜く日本経済
    浜 矩子 著 朝日新聞出版 刊  ( 2011/01/20 )


現在の円高は急速なドル安が原因であるが、2011年にはさらなるドル暴落が予想される


 現在の円高は急速なドル安が原因であるが、2011年にはさらなるドル暴落が予想される。
“超円高ニッポン”によるデフレ化、産業の空洞化、地方経済の停滞などを改善する施策を、今最も注目されるエコノミストが鋭く説く。
浜 矩子
1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。
1975年三菱総合研究所入社以後、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミスト、経済調査部部長などを経て、2002年より同志社大学大学院ビジネス研究科教授。
専攻はマクロ経済分析、国際経済

( 以上、『 Amazon 』からの引用 )  


  当サイト管理人の評価  ☆☆☆☆☆                                 ( 読んだ日 2012/12/25 )
  当サイト管理人の感想                                          ( 再読の日 2014/02/24 )

    2011年時点で考えても、「1ドル50円時代」など、来るはずもない!
    こんな本で、この著者に、日本経済を論じる資格などない。
    これだけ、日本経済のことがわかっていない評論家が、以後も、次々と、本を出版しているのは、なぜか?


 

 

本当に 役立つ 本 」 を探す
 『 ホントの本のお部屋 ( おすすめの “ 本当に役立つ本 の紹介 ) 

   ▼ 【 本当に 役立つ 本 】 を 探す ために、次の “ 四つ の ポイント ” に着目している。

     1. 先見力のある本
      ここでは、既存の知識ではなくて、著者独自の“ 新しい アイデア ” の芽生えを高く評価し選定している。
      また、世の中の先を読む、新しい発想、独創的なアイデア、にあふれた本を探している。
      一昔前の、高橋 亀吉氏や、長谷川慶太郎氏の『 日本は石油に勝てる 』 (1980年)のような先見力のある本を読みたい。
     2. 見逃されている本 埋もれた少数意見
      役立つ本は、必ずしも、多数の支持があるベストセラー本ではなくて、埋もれた少数意見のうちに見出すべきだと思う。
       ( 例えば、3.11原発事故以前には、いくつかの本が、原発の危険性を指摘していたが、多くは無視されていた。 )
     3. 異端視されている本 批判されている本
      変動期には、常識が通用しない場合がある。特に、経済の見方では、多数意見が、必ずしも、正しいワケではない。
      また、新聞などの書評で、異端視されていたり、批判されている本にも、有意義な本がある。
     4. 世の中の “ ひずみ ” を見出し、 “ チャンス ” に変える本
      見逃されている、世の中の『 ひずみ 』 『 不合理 』 を、 “ チャンス ” に変えるのに役立つ本を読みたい。
      また、“ ピンチ ” を “ チャンス ” に変える 予想外のアイデア、困難な問題を解決する “ ヒント ” 、の本を探している。

    ▼ 当サイト管理人が、参考にした本、サイトの “ 評価 ”、“ 感想 ” を追記している。
      参考にした本、サイトを、当サイト管理人独自に、五段階 ☆☆☆☆☆ で評価している。( ☆☆☆☆☆ が最高点 ) 。
      これらの本、サイトのところどころに、実際に役に立った箇所があり、『 』 で引用している。
                                                                       ( 2014年01月21日更新 )            

  【 ホントの本のお部屋 】 の全項目は、  ⇒       
   『 サイト・マップ 』 の 本の関連ページは、  ⇒       


 
     


 
となりの大家さん
空室対策 賃貸経営 大家 家主
 


世の中の歪 』 を、 “ チャンス ” に変える

 
  この ぺージ 『 世の中の歪 』 の 【 ポイント 】                                        ( 2019年05月25日 更新 )
   ▼ 『 世の中の歪 』 ( ここでは、為替の歪 ) を、 “ チャンス ” に変える方法を、考える。   ( 投資は、あくまでも、自己責任で ! )
 
 Google検索 [最上位]
HOME
大家 公式サイト
このページ

ホントの本 』 の お部屋 46
為替の歪 』 を チャンス
建物管理タウンズQ 】都城市-アパート-仲介料無料.com/index_146.html
閲覧者数: 

Copyright (C) 2008 Tatemonokanri Towns Q . All Rights Reserved.
  Googleボットチェッカー
  Yahoo!ボットチェッカー
  MSNボットチェッカー


Rank : Google ページランク
GIP : Google インデックスページ数
GBL : Google バックリンク数
YIP : Yahoo インデックスページ数
YBL : Yahoo バックリンク数
MIP : MSN インデックスページ数
MBL : MSN バックリンク数
ALR : Alexa情報
ABL : Alexa バックリンク数
TUV :今日の訪問者数
TPV :今日のページビュー数
YUV :昨日の訪問者数
YPV :昨日のページビュー数
AUV :訪問者数合計
APV :ページビュー数合計
USERS : 現在閲覧中のユーザー数
PageRank


 閲覧者数: